2010年05月29日

不同意堕胎 医師が関与認める 警視庁、慈恵医大病院を捜索(産経新聞)

 交際していた女性に子宮収縮剤を投与して流産させたとして、警視庁に不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医大病院の医師、小林達之助容疑者(36)が、「(流産させ)申し訳ないことをしてしまった」と堕胎への関与を認める供述をしていることが25日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課によると、小林容疑者は逮捕当初、「女性が妊娠していたことは知っていたが、流産したことは知らなかった」と否認していた。

 捜査1課は同日、不同意堕胎容疑で、東京都港区の東京慈恵会医大病院と、横浜市緑区にある小林容疑者の実家の病院を家宅捜索した。捜査関係者によると、小林容疑者は、女性から妊娠を告げられた翌日の平成20年12月31日、勤務先である同病院の薬剤部を訪れ、担当していた女性患者の名前を無断で使って偽造した処方箋(せん)を提出。子宮収縮作用のある錠剤を入手した。

英国の呪われた土地に「再臨」 21世紀版「切り裂きジャック」(J-CASTニュース)
雑記帳 黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
<普天間移設>首相に知事冷ややか 訓練分散賛同は大阪のみ(毎日新聞)
種牛「忠富士」が感染、残り5頭は経過観察(読売新聞)
車両燃え、男性死亡=タクシー運転手か―神奈川(時事通信)
posted by クリモト ケイコ at 12:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。