2010年03月29日

郵政、民業圧迫に配慮を=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、亀井静香金融・郵政改革担当相が発表した郵政改革の骨格について「民業圧迫ということなく、公正な競争を前提に亀井担当相が検討していると思う」と述べ、民業圧迫などの批判に配慮するよう求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

市民に差し止め請求権なし=NHKへの拉致問題放送要請−大阪地裁(時事通信)
野焼き作業中に3人死亡=東富士演習場−静岡(時事通信)
<視聴率>「ウェルかめ」最低、関東で13.5%(毎日新聞)
愛知の高校教諭、車から生徒の個人情報盗まれる(読売新聞)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
posted by クリモト ケイコ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。